「雨が降ると君は優しい」あらすじ見どころ紹介。野島伸司が描く究極の純愛。究極の試練を与えられた新婚夫婦の物語。

雨が降ると君は優しい メインビジュアル

「高校教師」「家なき子」「明日、ママがいない」(脚本監修)など誰もが知る名作ドラマを手がけてきた脚本家・野島伸司さん。
刃物のように鋭い視点から描かれる展開は、年齢の壁を超えて愛され、これまで数々の社会現象を巻き起こしてきました。

そんな野島伸司さんが脚本を手がけるドラマ「雨が降ると君は優しい」がHulu限定配信されています。

今作のテーマは「セックス依存症」。野島さんが本当に描きたかったドラマが3年の構想を経てついに映像化。地上波では描けない究極の悲劇的恋愛を描きます。

※セックス依存症という言葉は俗語であり、正式には「性嗜好障害」という病名です。
「雨が降ると君は優しい」はHuluで全話配信中です。
2週間の0円トライアル※もあるので、このドラマが気になった方はぜひお試しください!

※いわゆるお試し期間。この期間内に退会すれば料金は発生しません。

雨が降ると君は優しいを配信しているサービス

「雨が降ると君は優しい」あらすじ

一生愛しぬくと夫は誓ったー
君が他の男に抱かれても。

いっそこの愛がなくなればと、妻は願ったー
あなたを傷つけてしまうから。

心から愛し合う新婚夫婦に与えられた、究極の試練…

「セックス依存症」

妻が不特定多数の男と体の関係を持ってしまう”心の病”だと知った時、夫は妻を、それでも愛しぬくことが出来るのか…!?

数々の社会現象を巻き起こしてきた脚本家・野島伸司が「いま本当に描きたいドラマ」。

「雨が降ると君は優しい」登場人物・主演・キャスト

立木信夫

演:玉山鉄二

一度決めたことや約束を守りぬく誠実な男。どんな過酷な状況下に置かれても穏やかな笑顔を絶やさない。妻・彩を心から愛し、大切に思っている。ところがある日、彩が不特定多数の男と肉体関係を持ってしまう「セックス依存症」だと知ることに…! この残酷な事実を知っても彩への愛は決して揺るがず、それゆえに、計り知れない苦悩の渦に巻き込まれていく…。

立木彩
演:佐々木希

信夫の妻。もとは女性誌で読者モデルをしていたが、結婚後は、老人ホームの介護助手をしている。少女の可憐さをにじませる美人。信夫を心から愛している。夫の愛も日々実感しており、家庭生活に不満は何ひとつない。だが、実はセックス依存症に陥っており、なぜか眩しく晴れた日には抗えない衝動を覚えて、見知らぬ男と肉体関係を持ってしまう。もちろん、信夫にはその事実をひた隠しにしてきた。ところが、ある出来事からその秘密が夫の知るところとなり、激しい苦悩と呵責にさいなまれていく…。

小早川志保
演:木村多江

メンタルクリニックを開業しているカウンセラー。テレビ出演や講演会も多数こなす著名人。彩のカウンセリングを引き受けるが、困難を極める治療に苦戦する。頭脳明晰でクールに見えるが、実は心の闇を誘発しそうな秘密を抱えている。彩の夫・信夫の圧倒的な自己抑制に興味を覚えていく。

倉田和馬
演:陣内孝則

『ストーリーファイル』の編集長。仕事においては、先見の明があって強引なやり方も厭わず、カリスマ編集者として名を馳せている。プライベートは謎に包まれているが、実は心に大きな闇を抱えており、それが原因で長きにわたりアルコール依存症に陥っている。志保とは依存の治療がきっかけで知り合い、現在、恋人関係にある。

小野田史郎
演:古谷一行

大物作家。純愛小説を多く手がけてかつて一時代を築いたが、今やブームも過ぎ去り、業界でもオワコンと囁かれている。女性編集者を次々と食い物にしてきたとの噂も絶えない男。自分の新しい担当編集となった新人・平川百合の上司である倉田和馬との間に、根深い確執、因縁がある。

「雨が降ると君は優しい」監督・制作スタッフ

脚本:野島伸司
演出:大塚恭司、岩﨑マリエ、松原浩
音楽:太田惠資
主題歌:「We’re All Alone」ボズ・スキャッグス(Sony Music Japan International)
プロデューサー:西原宗実(Hulu) 岩崎広樹(Hulu) 大森美孝(AX‐ON)
エグゼクティブ・プロデューサー:長澤一史(Hulu) 毛利忍(Hulu)
制作:AX‐ON
制作著作:HJホールディングス

「雨が降ると君は優しい」見どころポイント

見どころポイント①地上波では放送不可!?作品のテーマは?

まずは予告編を見てください。

「性嗜好障害」という地上波では描きにくい題材。一見スキャンダラスな内容にも見えますが、お互い愛し合っていながらも自分一人では抗えない衝動に身を委ねるしかない妻・彩と、それでも彩への愛情が揺らぐことのない信夫。

描かれているのは混じりっ気のない”純愛”です。

見どころポイント②今作のジャンル”悲劇的純愛”とは?夫・信夫に注目!

公式サイトでは今作のジャンルを”悲劇的純愛”としています。
悲劇と純愛の組み合わせといえば一番に思いつくのは「ロミオとジュリエット」。
どちらも”愛”に翻弄されるところは共通しています。

愛してしまったがゆえに苦しむ…というのはちょっと陳腐すぎるでしょうか。この「雨が降ると君は優しい」は一途な愛ゆえに悩み苦しむ信夫にも注目です。

残酷な真実を告げられてもはたから見れば度が過ぎるくらいの自己抑制で自分の感情を押し殺して、冷静に妻と向き合う姿は狂おしくなるほど切ないです。

見どころポイント③主題歌とストーリーのリンクに注目!

野島伸司さんの作品といえばテーマ曲が効果的に使われているのも特徴です。
今作のテーマ曲はボズ・スキャッグスの「We’re All Alone」。

「全て水に流しやり直そう」「ずっと一緒さ、ずっとそばにいるから」などストーリーとリンクする歌詞がちらほら見つかりました。
この選曲について野島さんはこう語っています。

「僕にとって、主題歌はとても大切な存在です。特にシリアスなドラマの場合、主題歌一つで世界観を壊されてしまうこともありますから」
引用:シネマトゥディ2017年9月1日掲載

ドラマ内容とのリンクにも注目です。

「雨が降ると君は優しい」まとめ

構想3年。野島伸司さんが本当に描きたかった”愛と憎しみが交差する群像劇”。
地上波では絶対に描けない究極の純愛がここにあります。

「雨が降ると君は優しい」はhuluで全話配信中です。
2週間の0円トライアル※もあるので、このドラマが気になった方はぜひお試しください!

※いわゆるお試し期間。この期間内に退会すれば料金は発生しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus