「逃げるは恥だが役に立つ」キャスト・あらすじ見どころ紹介!ネタバレは一切なし!主役の2人にムズキュン!

あいきゃっち

男女問わず多くの人が胸キュンしたドラマに「逃げるは恥だが役に立つ」がありますが、大人気のドラマですよね。

エンディングで星野源さんの『恋』の曲に合わせてキャストが踊るダンスは【恋ダンス】と名付けられブームとなりました。
多くの人が踊りを覚え、恋ダンスをしたのではないでしょうか。

【感想】ガッキーがかわいすぎる

今回は「逃げるは恥だが役に立つ」のあらすじやキャストのご紹介と、逃げ恥大ファンの私がおすすめするドラマの見どころをネタバレしない程度にお伝えしていきますね!

すでに放送は終了していますが、動画配信サービスのParavi(パラビ)なら見逃し配信が見られます!

無料のお試し期間もあるので気になる方はチェックしてみてくださいね!

逃げるは恥だが役に立つを配信しているサービス

「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ

「逃げるは恥だが役に立つ」あらすじ

大学院を出ながらも、就職難で派遣社員となった森山みくり。順調に仕事をこなしていたが、ある日突然”派遣切り”に遭い無職の身となってしまう。

休職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡が家事代行の会社を変えようとしていたところを頼み込んで、娘のみくりに週1度の家事代行員として雇ってもらうように頼む。

気難しい性格の津崎は、あまり他人に構われることを好まないが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築いていく。しかしある出来事をきっかけに、みくりは「就職としての結婚」を津崎に持ちかける。その提案にメリットを感じた津崎は了承。

2人は「雇用主と従業員」という契約結婚という道を選ぶ。

事実婚という体で周囲への挨拶を乗り切ったみくりと平匡だが、2人のよそよそしさを怪しむ平匡の同僚やみくりの伯母の目をごまかすために「ハグの日」を設けるなどして親近感を醸し出そうとするが、そんなことをするうちに2人の間に本当の恋愛感情が芽生えていく。

「契約結婚」というビジネスライクの結婚生活が描かれていますが、いつまでもビジネスだけなはずがありません…!

そんな「逃げるは恥だが役に立つ」ですが、原作はあるのでしょうか?

「逃げるは恥だが役に立つ」原作

「逃げるは恥だが役に立つ」は、海野つなみさんの漫画が原作となっています。

 

「自称:プロの独身」の平匡と、派遣切りに遭ったみくり。
そんな2人のなかなか進展しない関係にムズムズキュンキュンしちゃいます!

原作の漫画はドラマになる前からも「逃げ恥(にげはじ)」という愛称で親しまれてきました。

ドラマでは演じきれなかった細かい部分やギャグ要素もたっぷりの内容です!さらに逃げ恥を知りたい!という方にはぜひ漫画も読んでいただきたいです。

そしてなんと!

2019年1月25日発売の『kiss』(講談社)3月号より、連載が再開されることになりました!

放送終了後も止まらない「逃げ恥」ブーム!

演じているのはどのような方々なのでしょうか、キャストを見ていきましょう!

「逃げるは恥だが役に立つ」登場人物・主演・キャスト

《登場人物・主演・キャスト》

  • 守山みくり(もりやま・みくり)…新垣結衣
    主人公。就職活動で内定がもらえず、大学院へ進学するが再び就職浪人となる。
    ようやく派遣社員として働くが、ここで”派遣切り”に遭い、休職中の娘を見かねた父が紹介してくれた父の元・部下である津崎の家事代行サービスを請け負うこととなる。
  • 津崎平匡(つざき・ひらまさ)…星野源
    IT企業に務めるサラリーマン。
    彼女いない歴=年齢という、プロの独身を貫いていたが、みくりと生活するうちに恋愛感情が芽生えていく。
  • 土屋百合(つちや・ゆり)…石田ゆり子
    みくりの伯母。化粧品会社勤務のキャリアウーマンで独身。
    みくりからは「ゆりちゃん」と呼ばれている。
    美人なので若いことはそれなりにモテていたものの、より好みをしているうちに結局独身のままとなってしまった。
  • 風見涼太(かざみ・りょうた)…大谷亮平
    津崎の同僚の”ハイスペックイケメン”だが、結婚にメリットを見出だせない性格で女性と交際しても長続きしない。
    ある日みくりに興味を持ち始める。
  • 沼田(ぬまた)…古田新太
    津崎の同僚で、男性に気のあるような言動をする人物。
    感の鋭いおとこで、平匡とみくりの関係を怪しんでいる。
    そして津崎と風見が相思相愛だという勘違いを起こしている。

「逃げるは恥だが役に立つ」監督・制作スタッフ

《制作スタッフ》

原作:海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」

脚本:野木亜紀子

プロデューサー:那須田淳、峠田浩、宮崎真佐子

演出:金子文紀、土井裕康

音楽:末廣健一郎

OPテーマ:チャラン・ポ・ランタン「進め、たまに逃げても」

主題歌:星野源「恋」

制作著作:TBS

 

「逃げるは恥だが役に立つ」の見どころポイント

見どころポイント①いきなり始まるみくりの「妄想劇」

ドラマ中、新垣結衣さん演じるみくりがいきなり”妄想の世界”に飛び込んでしまうシーンが毎回登場します。

情熱大陸の主役になってみたり、記者会見が開かれたり……、みくりの頭の中は常に活発状態なのです。

みくりが毎回どんな妄想の世界に入っていってしまうのかが見どころの一つですね。

妄想グセのひどいみくりですが、その妄想がアイディアとなり街を活性化させる”街おこし委員”では良いアイディアを出していきます。

見どころポイント②試行錯誤の結婚生活

2人が契約結婚ということは周囲には内緒。

なので新婚らしさを出そうということで設けた「ハグの日」などを設けていきます。

お互いがお互いを意識するようになり、どんどん心のシャッターが閉ざされていきます!さすがプロの独身!(笑)

そこがむず痒くて「んもう~~~!!!!」と思わずドラマを観ながらし言ってまうほどです(笑)
日常生活ですれ違いが増える中でも、気持ちはどんどん高まっていきます。

むず痒い!けどキュンキュン!2人の”ムズキュン”に注目してみてください!

見どころポイント③風間と百合の恋の行方とは!?

平匡の同僚のハイスペックイケメン”風間”と、みくリの伯母の”ゆりちゃん”が大事な役割を果たしていきます。

この2人もそれぞれ恋愛をしているのですが、その行方もまたムズムズしちゃいます!

ドラマの中で石田ゆり子さん演じる”ゆりちゃん”が名言を言うシーンには何度も心を打たれました。また、ハイスペックイケメンの風間がみくりに想いを寄せるシーンにも注目しましょう。

みくりは平匡を選ぶのか!?風間を選ぶのか!?

それぞれの恋の行方は!?!?!?!

「逃げるは恥だが役に立つ」まとめ

今回は「逃げるは恥だが役に立つ」、通称「逃げ恥」についてお話してきました。

「逃げ恥」は見終わった後、「終わってしまった…」という逃げ恥ロスが起きるほど熱中してしまうドラマでした。
本人たちの感情を理解した上で物語が進んでいく部分が面白いなあと思います。

契約結婚を本当の結婚だと信じる周囲、怪しまれないように新婚感を出す2人。
そうしていくうちにだんだんとお互いに惹かれ合っていく。

しかしその好意がうまく伝わらない・伝えられなかったり、外側と内側のギャップが連続して2人の関係がなかなか進展していきません。

さらにこの物語は、恋愛だけでなく労働や結婚などの社会問題にも向かい合っている側面もあり、契約結婚、主婦の労働対価、最低賃金……、このような誰しもが抱えている問題、気になる・疑問に思っている問題が盛り込まれています。

恋愛だけでなく、さまざまな社会情勢が描かれているので私はとても勉強にもなりました!なので、”ただの恋愛ドラマ”ではないと思っています。

とは言いつつも、2人の恋の展開に毎回キュンキュン・ムズムズしちゃっているんですが。(笑)

「逃げるは恥だが役に立つ」を見ていないとうみなさんも、動画配信サービスを利用して見てみてください♪

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

今回ご紹介した「逃げるは恥だが役に立つ」は動画配信サービス のParavi(パラビ)にて見逃し配信がスタートしています!

「もう一度観たい」「見逃した回があった!」というかたはぜひこの機会に観てみてはいかがでしょうか♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus