「涼宮ハルヒの憂鬱」のあらすじ見どころまとめ!日常好きもSF好きも楽しめる、2000年代を代表する超人気アニメ!

涼宮ハルヒの憂鬱のメインビジュアル

最近になってアニメに興味が出てきたという方は、少し前にやっていたアニメについてはあまり詳しくないでしょう。
最新作のアニメを観るのももちろんいいのですが、過去の代表作を観てみるというのもたまにはいいのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、2000年代を代表するアニメともいえる「涼宮ハルヒの憂鬱」です!
「涼宮ハルヒの憂鬱」は角川スニーカー文庫から出ている小説が原作で、アニメは2006年に放送されました。

当時のハルヒの人気は凄まじく、今や日本代表するアニメ制作会社である京都アニメーションの名を世間に知らしめることとなった作品でもあります。
もちろん現在においてもその人気は高く、アニメ好きなら観ておいて損はないでしょう!

今回は、そんな2000年代を代表するアニメ作品「涼宮ハルヒの憂鬱」のあらすじやキャラクターをまとめてみました!
おすすめの見どころポイントについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

U-NEXTdTVなどの動画配信サービスでは、「涼宮ハルヒの憂鬱」のTVシリーズ第1期が配信されています。
まだ観ていないという方、もう一度観たいという方は、ぜひ登録してみてください!

涼宮ハルヒの憂鬱を配信しているサービス

「涼宮ハルヒの憂鬱」あらすじ

「涼宮ハルヒの憂鬱」あらすじ

晴れて高校生となった平凡を求める一般人・キョンは、自己紹介の際に同じクラスに奇妙な女子生徒がいることを知る。
「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」
自己紹介でそう宣言した少女・涼宮ハルヒは、ルックスはいいものの変人であるという評価を得て、たちまちクラスからは孤立することとなる。そんなハルヒに興味が湧いてしまったキョンは、ハルヒが後ろの席ということも相まって話しかける。
ハルヒが言うところの「ただの人間」であるキョンだが、何がハルヒの琴線に触れたのか、キョンはハルヒのクラスで唯一の話し相手となる。

GWも過ぎた頃、ハルヒは楽しめる部活がないことに嘆いていた。そんなときにキョンが放った言葉で、ハルヒは自分で部活を作ることを決める。もちろん、キョンも巻き添えにして。
部員一人とほぼ廃部状態だった文芸部の部室をまたたく間に占領したハルヒは、唯一の文芸部員だった長門有希、メイド兼マスコットとして朝比奈みくる、謎の転校生枠として古泉一樹を強引に引き入れ、「SOS団」を結成する。その活動内容は、宇宙人や未来人、超能力者を探し出して、一緒に遊ぶというもの。
呆れるキョンだったが、長門有希、朝比奈みくる、古泉一樹からそれぞれが宇宙人・未来人・超能力者であることを順番に打ち明けられ、唖然とする。それぞれ目的があってハルヒの近くにいるのだと言うが、平凡を望む一般人であるキョンにとっては知りたくなかった事実である。

かくして、キョンは関わりたくもない非日常に半ば強制的に関わらせられながら、今日も平凡な日常を求めるのだった。

以上が、「涼宮ハルヒの憂鬱」のおおまかなあらすじです。

「涼宮ハルヒの憂鬱」は、破天荒なハルヒとそれに振り回されるSOS団の日常を描く作品です。
ただし、ただの日常系というわけではなく、その裏には濃密なSFが潜んでいます。
このギャップも、「涼宮ハルヒの憂鬱」の魅力のひとつでしょう!

ちなみにSOS団とは、

S:世界を
O:大いに盛り上げる為の
S:涼宮ハルヒの

の略です。

「涼宮ハルヒの憂鬱」は冒頭でもふれたように、角川スニーカー文庫から原作小説が出版されています。
また、劇場版である「涼宮ハルヒの消失」や、スピンオフ作品など、シリーズ作品もいくつかあります。
アニメ1期シリーズと合わせて、こちらもぜひチェックしてみてください!

「涼宮ハルヒの憂鬱」メインキャラクター・キャスト

キョン

平凡を望む普通の高校生1年生。本名は作中では明かされておらず、キョンの友人による「どことなく高貴で壮大なイメージ」というヒントがあるのみ。基本的に事なかれ主義で愚痴っぽいが、人付き合いは良くお人好しでもある。

CV:杉田智和(すぎた ともかず)

杉田智和の主な出演作品
  • 坂田銀時(銀魂)
  • 樺倉太郎(ヲタクに恋は難しい)
  • 蜥蜴僧侶(ゴブリンスレイヤー)

涼宮ハルヒ

キョンと同じクラスの女子高生。自己紹介で「ただの人間に興味はない」と言い切る破天荒な性格で、宇宙人や未来人など普通ではない存在に対して憧れを抱いている。周りを振り回すほど行動力に溢れていて、キョンたちを巻き込んでSOS団を結成した。

CV:平野綾(ひらの あや)

平野綾の主な出演作品
  • 弥海砂(DEATH NOTE)
  • 泉こなた(らき☆すた)
  • ミギー(寄生獣 セイの格率)

長門有希

元文芸部員の1年生で、口数が少なく感情表現も乏しい。部室を占拠されたことからSOS団に入団することとなる。実は情報統合思念体によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース……つまるところ宇宙人である。

CV:茅原実里(ちはら みのり)

茅原実里の主な出演作品
  • 南千秋(みなみけシリーズ)
  • ホライゾン・アリアダスト / P-01s(境界線上のホライゾン)
  • 中世古香織(響け! ユーフォニアム)

朝比奈みくる

SOS団唯一の2年生。童顔かつグラマーないわゆるロリ巨乳で、マスコットキャラを欲したハルヒによって拉致されてきた。幼さの残る美少女で学校のアイドル的な存在だが、実は遥か未来からやってきた未来人。

CV:後藤邑子(ごとう ゆうこ)

後藤邑子の主な出演作品
  • ヒロ(ひだまりスケッチ)
  • アーニャ・アールストレイム(コードギアス 反逆のルルーシュR2)
  • 才川ジョージー(小林さんちのメイドラゴン)

古泉一樹

いつも微笑みを浮かべていて常に敬語を使う、胡散臭い男子生徒。5月という中途半端な時期に転校してきたことから、謎の転校生枠としてSOS団に加入させられる。実は超能力者で、その集団である「機関」に所属している。

CV:小野大輔(おの だいすけ)

小野大輔主な出演作品
  • セバスチャン・ミカエリス(黒執事)
  • 平和島静雄(デュラララ)
  • 空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険)

「涼宮ハルヒの憂鬱」監督・制作スタッフ

原作・構成協力:谷川流
原作イラスト・キャラクター原案:いとうのいぢ
連載:角川スニーカー文庫刊、ザ・スニーカー、少年エース
シリーズ構成:涼宮ハルヒと愉快な仲間たち
超監督:涼宮ハルヒ
監督:石原立也
キャラクターデザイン/総作画監督:池田晶子
美術監督:田村せいき
撮影監督:田中淑子
設定:高橋博行
色彩設定:石田奈央美
音響監督:鶴岡陽太(楽音舎)
編集:重村建吾(スタジオごんぐ)
音楽:神前 暁
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:SOS団

「涼宮ハルヒの憂鬱」見どころポイント

見どころポイント①かつてない破天荒なヒロイン・ハルヒとそれを取り巻く魅力的なキャラクター

「涼宮ハルヒの憂鬱」の見どころとしてまずあげられるのは、ハルヒを中心とした魅力的なキャラクターの数々。

ハルヒはこれまでのヒロイン像をぶち壊す破天荒なキャラクターで、周囲の人々をこれでもかというほど振り回します。それでも憎めない魅力があるというのは、すごいキャラクターですよね。

振り回されることになるSOS団のメンバーも、それぞれ違った属性の魅力的なキャラクターばかり。特にハルヒ、有希、みくるの3人は、それぞれ派閥ができるほどの爆発的な人気を誇りました。

見どころポイント②SFであり、日常系であり、ラブコメであり……という独特のジャンル

「涼宮ハルヒの憂鬱」のすごいところは、さまざまなジャンルを寄せ集めているのにそれがうまく噛み合っているということ。

ハルヒの行動ひとつで、ともすれば世界の命運まで変わってくるという、いわゆるセカイ系の要素が根幹にある「涼宮ハルヒの憂鬱」。しかし、物語は基本的に学園での日常を描き、唐突に濃密なSFが登場する。ジャンルのごった煮ともいえるのですが、それがきれいにひとつの流れとしてまとまっているのです。

セカイ系とは

セカイ系の定義はさまざまですが、一般的には「主人公とヒロインを中心とした小さな関係性での問題が、国や社会といった大きな枠組みを挟むことなく、世界的な危機などの抽象的な大問題に直結している作品」のことをいいます。
「涼宮ハルヒの憂鬱」では、ハルヒが無自覚に引き起こす超常現象を、SOS団という小さな関係性(ひいてはキョンとハルヒの関係性)の中で対処することから、セカイ系の一種であるといえます。

見どころポイント③そこかしこで顔を出す濃密なSF設定

上述したように、「涼宮ハルヒの憂鬱」は一見するとジャンルの分類に迷う作品です。いわゆる学園小説ではあるのですが、物語のそこかしこで顔を出す濃密なSF設定が一筋縄ではいかない作品を作り上げています。

例えばSOS団に所属するメンバーは、ハルヒとキョンを覗いて宇宙人・未来人・超能力者と普通の人間ではありません。それが単にキャラクターに色を付けるだけの設定というわけではなく、それぞれにしっかりとした設定が作られていて、物語全体に大きく関係しています。

作中には人間原理や多元宇宙論、多世界解釈、カオス理論、世界5分前誕生仮設、哲学的ゾンビといったSFではお馴染みの概念が多数登場するので、SFが好きだという方にもおすすめです!

「涼宮ハルヒの憂鬱」まとめ

一言ではなかなか言い表せられない「涼宮ハルヒの憂鬱」という作品。
魅力的なキャラクターが多数登場する学園コメディ作品として楽しむこともできれば、本格的なSF作品としても楽しむことができるでしょう。
まさに、2000年代を代表するアニメ作品といっても過言ではないですね!

「涼宮ハルヒの憂鬱」は、U-NEXTやdTVで絶賛配信中です。
スマホで気軽に視聴できるので、通勤や通学の合間などちょっとした時間でも観られますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus