2016年版「大奥」あらすじ見どころまとめ!エリカ様とまゆゆの禁断の百合展開には必見!

大奥(2016年)沢尻エリカが主演を務めた

2016年1月22日・29日の二夜にわたって、フジテレビ系列で放送されたテレビ時代劇「大奥」。
主演には、女優の沢尻エリカさんが抜擢されました。第一部では沢尻エリカさんは大奥史上稀代の悪女と言われる専行院(お美代)、第二部では美しい容姿と心優しい性格の梅(架空の人物)を演じました。

二部構成でまったく人格の違う役柄を沢尻エリカさんは演じています。
この記事では、フジテレビドラマ・2016年版「大奥」のあらすじ&見どころポイントをご紹介します。

2016年版「大奥」は、動画配信サービスのFODで視聴できます。

FODでは、フジテレビで2003年から2016年までに放送された「大奥」シリーズ9作品が配信中です。

FODなら今なら初回1ヶ月無料でお試しすることが可能です。

大奥(2016)を配信しているサービス

「大奥(2016)」あらすじ

「大奥(2016)」あらすじ

第一部~最凶の女~(家斉の壮年期)

自らの両親が権力闘争の陰謀によって、悲劇的な最後を遂げたことを知り、復讐心を抱いたお美代(沢尻エリカ)。
お美代は両親の無念を晴らすために、大奥に入ることを決意します。
大奥に上がったお美代は、生まれながらの美貌と手練手管を駆使し、将軍・家斉(成宮寛貴)の側室へと登りつめます。
そんなある日、女中のお志摩(渡辺麻友)と出会います。大奥で巻き起こる争いにどこか冷めた目で見るお志摩に心惹かれ、女性同士の禁断の恋愛関係に…
しかしそんなお志摩には、お美代には隠しているある秘密があったのです。

 

第二部~悲劇の姉妹~(家斉の青年期)

将軍・家斉は、御台所(将軍の正室:光浦靖子)寔子とは不仲で、しかも毎晩違う女中に手を付けるほどの好色家でした。
にもかかわらず、未だ世継ぎとなる男子は誕生しませんでした。そんななかで、ある美人姉妹が家斉の側室候補に挙がりました。
それが幕臣・酒井忠康(温水洋一)の娘である梅(沢尻エリカ)と歌(蓮佛美沙子)です。
ひときわ目を引く美しい容姿と心優しい性格の梅。弓の名手で男勝りで勝ち気な性格の歌。
そんな二人が大奥という「女の牢獄」のなかで悲劇へと巻き込まれていきます。

「大奥(2016)」登場人物・主演・キャスト

第一部:お美代

第二部:梅

大奥(2016) お美代

出典:FOD

-沢尻エリカ

2016年版「大奥」では、前編・後編で主演の沢尻エリカが演じた人物がまったく異っています。
前編では、実在の人物で大奥史上稀代の悪女と言われた専行院(お美代)を演じました。
一方で後編では架空の人物で、心優しい梅という人物を演じます。

徳川家斉

大奥(2016) 徳川家斉

出典:FOD

-成宮寛貴

第11代将軍。在位期間は50年にも及びます(最長記録)。
2016年版「大奥」の前編では家斉の壮年期、後編では家斉の青年期を演じました。

お志摩

-渡辺麻友(AKB48)

2016年版「大奥」では前編のみの出演です。
大奥女中。大奥で巻き起こる権力闘争をどこか冷めた目で見ています。
ある出来事がきっかけで、お美代と親しくなります。そして、次第に女性同士の禁断の関係に…

視聴率が非常に高かった「大奥2016」が今ならFODで見れます。

まずは無料お試しで今すぐ楽しみませんか?↓

FODプレミアム

「大奥(2016)」監督・制作スタッフ

脚本:浅野妙子(NHK連続テレビ小説「純情きらり」、フジテレビドラマ「ラスト・フレンズ」など)
監督・プロデュース:林徹(フジテレビドラマ「剣客商売」「信長協奏曲」など)
音楽:石田勝範
主題歌:BoA「Make Me Complete」
特殊メイク:江川悦子
プロデュース:金丸哲也、小柳憲子

「大奥(2016)」見どころポイント

見どころポイント① 堂々と悪事をはたらくお美代(沢尻エリカ)が怖い!

大奥(2016年) 歩くお美代

出典:FOD

時代劇「大奥」の見どころといえば、視聴者に強烈な印象を与える「悪女」の存在です。
彼女たちは必ずしも自分勝手で悪い企てを謀る存在ではなく、徳川家の権勢や大奥の秩序のために、やむなく手を汚さざるを得ないという側面があります。

例えば、2003年版「大奥」では幕末の大奥を舞台に大奥総取締・瀧山(浅野ゆう子)、2004年版では江戸時代初頭の江戸城を舞台に三代将軍家光の乳母・春日局(松下由樹)が、「悪女」として登場していました。
2016年版「大奥」でも「悪女」が登場します。それが、沢尻エリカさんが演じるお美代です。

ただ、お美代が従来の「悪女」と異なるのは、あまりにも堂々と何ら悪びれることなく手練手管を駆使します。これまでの「大奥」にあった戸惑いやすべてを飲み込んで悪事を敢えて行うという姿ではありません。
その意味では、史上最凶の悪女と呼ぶに相応しい「悪女」です。

見どころポイント② エリカ様とまゆゆの百合展開は必見!

大奥(2016年)メイン画像

出典:FOD

2016年版「大奥」第一部の見どころとして、放送前から注目を集めていたのが、主演を演じる沢尻エリカさんと元AKB48の渡辺麻友さんの禁断の百合展開です。
これまでも「大奥」では、女性だけの世界ということもあり、ギリギリ百合目線で見れたシーンもあったのですが、2016年版は違います。

はっきりと克明にエリカ様とまゆゆのラブシーンが描かれています。ギリギリ百合目線ではなく、はっきり百合目線です。
ネタバレになるので、詳しくは書けませんが、エリカ様とまゆゆのラブシーンが全体の半分ぐらいありました。

見どころポイント③ 前編と後編の沢尻エリカの落差が激しすぎる!

大奥(2016年)身を投げ出す梅

出典:FOD

2016年版「大奥」では、第一部(前編)と第二部(後編)で沢尻エリカさん役柄が全然違います。
第一部では、稀代の悪女と言われたお美代を沢尻エリカさんは演じています。一方、第二部の梅は、一言でいえば聖母です。

側室の座を妹とあらそうことになるのですが、妹が処罰されそうになると自ら身を投げ出し命乞いしたり。
そういう沢尻エリカさんの落差も2016年版「大奥」の見どころの一つです。

「大奥(2016)」まとめ

2016年1月、フジテレビ系列で2夜にわたってスペシャルドラマとして放送された「大奥」では、女優の沢尻エリカさんが主演を務めました。
沢尻エリカさんは、第一部では稀代の悪女と言われた実在の人物・専行院(お美代)、第二部では大奥に入ったことで悲劇的な運命が待ち受けている梅(架空の人物)の二役を演じています。

動画配信サービスFODでは、2016年版「大奥」をはじめ2003年からフジテレビで放送された「大奥」シリーズ9作品が見放題です。
「大奥」が見たい方なら、動画配信サービスFODに登録しておいて損はありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus