「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 7話」石原さとみと菅田将暉の共演で話題となったドラマのあらすじ見どころ&ちょっとネタバレ

校閲ガール

2016年10月から12月まで日本テレビ系にて水曜22時に放送されていたテレビドラマ、「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」。

今回は、6話のあらすじや見どころについて見ていきましょう!

その前に、前話・6話をすこしおさらい。

【地味スゴ 6話のおさらい】

幸人が見事Lassyの専属モデルに選ばれ、彼を推薦した森尾はうれしい表情。その後、森尾は彼氏(不倫)に別れを告げました。
一方、幸人は作家・是永是之としての悩みを貝塚に打ち明け、ふたり二人三脚でがんばっていくことを決意しました。そして、幸人はいよいよ悦子に「大好きだよ」と告白……!

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子を配信しているサービス

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 7話」のあらすじ

第7話のあらすじ
悦子は、かつて校閲を担当した大御所ミステリー作家・本郷大作から、雑誌に掲載するエッセイの校閲を頼まれる。

悦子が貝塚とともに会社を訪れた本郷を見送っていると、幸人と出くわす。悦子から本郷に紹介すると、動揺を見せる幸人。

本郷のエッセイには、昔、彼が別れることとなった息子との思い出が綴られていた。本郷が息子と一緒にラーメンを食べたエピソードの中に「ラーメンの具をスミレですくって」という記述を見つける。正しくはスミレではなくレンゲのはず。本郷がこんな単純なミスを犯すとは思えない悦子は疑問を抱く。

そんななか悦子は幸人と一緒に食事するのですが、幸人がレンゲのことをスミレと呼ぶのを聞き、驚く。悦子は、本郷もレンゲのことをスミレと呼んでいることを幸人に伝える。すると幸人は意外な反応を見せる……。

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 7話」の見どころ・ちょっとネタバレ

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」7話の見どころをちょっとしたネタバレを含みながら紹介します!

リスクを恐れない悦子の行動

推理小説の校閲を担当する米岡。その小説にでてくる時刻表は改正になっていて、時刻表を現在のものに合わせると推理が成り立たなくなることがわかりました。

この事実を作家に伝えるかどうか悩み、「リスクの多い校閲はしたくない」と訴える米岡に、悦子は「なにもしないより指摘出しをすればなにか解決策がでてくるかもしれないじゃない」と前向きに発言します。

結果、時刻表の指摘だしをした米岡は、その後作家から感謝の電話をいただくことに。米岡は「河野さんが、リスクを恐れちゃいけないって僕に言ってくれたから」と、悦子に感謝します。

リスクを恐れず先に進む悦子の姿に感化されたのは米岡だけでなく、森尾や貝塚もそうでした。
登場人物全員が気づかないうちに悦子に影響され、いい方向に動き始めます。

森尾に新しい恋の予感!?森尾の笑顔にキュン!

貝塚はLassy編集者である森尾にある頼み事をするため、編集部に訪れます。
貝塚が持参した差し入れのビールを飲みながら話すふたりは、なんだかいい雰囲気!

森尾が見せるナチュラルな笑顔がかわいいシーンです!

そんな森尾に貝塚は惹かれている様子。いつもはガミガミうるさい貝塚も、森尾の前ではデレデレした顔に……!
これは新しい恋の予感……!?ふたりがうまくいってほしいですね!

悦子と幸人がキャッチボールしながら話すシーンで涙

大御所作家・本郷の息子が幸人であることがわかりましたが、幸人の前で本郷の話はタブーだと貝塚にいわれます。
しかし、本郷の小説の内容を事実確認するには、息子である幸人に尋ねなければいけないことがあります。

そこで悦子は、「キャッチボールをしよう」という口実で幸人を誘い出すことに。
キャッチボールをしながら、悦子は、「あのさ、幸人くん。あの……校閲部の河野悦子としてあなたに事実確認したいことがあります。」と問いかけます。

あれだけ本郷の話を避けていた幸人が、悦子の質問に穏やかな表情で答えます。最後に悦子は、本郷先生は息子である幸人くんをずっと待っているということを伝えます。

このシーンは何度見ても涙……。

森尾が幸人を送り出すシーン

モデルのギャラが入った幸人は、森尾の家を出ることに。
幸人は森尾に、「森尾さんと暮らしたことすごいよかった。森尾さんみたいにちゃんとした人でも、傷ついているとか。もがいてるのが自分だけじゃないと思えた。ありがとう。」といいます。

森尾はそんな幸人を、「もうなに。湿っぽくなるじゃん!」「早く行った行った!」と笑顔で送り出します。

このときに見せた森尾の笑顔がとても素敵。森尾の表情から、森尾もしっかり前に進んでいることがわかります。

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」7話の衣装に注目!

Instagramでは、悦子のこんなふい撮りも公開されています!

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 7話」を見た感想

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」7話は、不器用な森尾が素直になって、やさしい笑顔を見せるシーンが多く、とにかくかわいい!

不倫相手との恋に自ら終止符をうち、幸人との同居を終了させ、新しい恋に向かって走り始めたばかりの森尾。
次こそはきっと、いい恋ができそうですね。

悦子の“リスクを恐れない姿勢”は、校閲部だけでなく、身の回りの人全員にいい影響を与えているよう。
悦子がリスクを恐れずに行動したおかげで、幸人と本郷先生の関係性もうまくいきそうです。

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 7話」のSNSでの反応

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 7話」まとめ

仕事もプライベートも、リスクを恐れずまっすぐ向き合う悦子。そんな悦子の姿に感化され、いい方向に向かい始めた景凡社のメンバー。
幸人が、20年会っていなかった父と和解することができたのも悦子の存在があってこそ。このままふたりの関係がうまくいってほしいですね!

そして、ストーリーもいよいよ終盤に差し掛かってきました!残り3話!
どんな展開が待ち受けているのでしょうか?8話以降もたのしみです!

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」を見逃した人、もう一度見たい人は、動画配信サービス「hulu」「dTV」「ビデオパス」で視聴できます。

「hulu」では、テレビでは見ることができないスピンオフドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子…がいない水曜日」が配信中!

気になる方は要チェックです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus