「代償」のあらすじ見どころ!hulu限定配信ドラマの弁護士vsサイコパスの行方が気になる!

代償

人気動画配信サービス、hulu(フールー)で配信されているオリジナルドラマ「代償」をご存知でしょうか?

小栗旬さん演じる、弁護士・奥山圭輔はつらい過去を持つ“心の脆い”弁護士。

そこへかつての友人であり不幸のどん底に突き落とした高橋努さん演じる安藤達也が、殺人容疑の弁護を依頼します。

小栗さんと高橋さんといえば、クローズでも共演されていましたね!その二人が因縁の対決を見せます。

「代償」を観るならhuluで独占配信中です。1話から最終話まですべて見ることができます!他の動画配信サービスでは観れない、小栗旬さん主演の「代償」。huluは今なら2週間無料トライアル実施中です!この機会に、気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

代償を配信しているサービス

「代償」あらすじ

「代償」あらすじ

弁護士である奥山圭輔(小栗旬)のもとに、強盗殺人事件の容疑者・安藤達也(高橋努)から弁護依頼が舞い込むところから物語は始まっていく。

この以来こそが、圭輔にとって“新たなる悪夢との戦いの幕開け”でもあった。圭輔にとって達也は遠い親戚であり少年時代に一緒に暮らした友人でもあるのだ。

だが、その圭輔の“友人”は家庭崩壊に人格否定、犯罪教唆、近親憎悪、人身操作……。あらゆる卑劣な手を使って圭輔を“不幸のどん底”へと追い詰めた過去を持つサイコパスだったのだ。

達也の狙いとは何なのか?そして、どんな代償を払ってでも達也という悪魔に立ち向かうと決めた圭輔。

そんな弁護士・圭輔に一体どのような運命が待ち受けるのか…!?

かつて自分を不幸のどん底に突き落とした相手と再会なんて…凄いところから始まるドラマですね。小栗さん演じる「奥山圭輔」は最狂の相手「安藤達也」にどう立ち向かっていくのでしょうか。

原作は伊岡瞬さんの「代償」

hulu限定で配信されている「代償」ですが、原作は伊岡瞬さんの小説『代償』(角川文庫)です。

こちらは2016年の啓文堂文庫大賞第1位を獲得し、20万部を突破したベストセラー小説です。

小説でもかなりハードな内容となっているようで、後味が悪いという反響が多かったです。

しかし、それでもストーリーの展開は面白く、この弱々しい”圭輔”を小栗旬さんがどのように演じるのかが気になる!という方も多いようです。ドラマ『代償』に対する期待値が高いのも伝わりますね!

「代償」登場人物・主演・キャスト

奥山圭輔(おくやま・けいすけ)
演:小栗旬

「心に脆さを持つ弁護士」

奥山圭輔は、白石法律事務所の若手凄腕弁護士。担当する冤罪事件で無罪を勝ち取るなど、弁護士としての活躍が目覚ましい活躍をしていた。さらには白石所長の娘・真琴と婚約しており、将来が約束されていた男。

しかし彼には誰にも言えない過去があった。

それは子供の頃に同い年の親戚・安藤達也によって自分の両親や大切な人の命を次々と奪われた挙げ句、達也の家で人格を無視された“悪夢のような少年時代”をすごし、重度の脅迫障害を患ってしまった。

そんなある日、圭輔のもとに突然舞い込んできた弁護依頼はなんと、かつて自分を不幸のどん底に叩き落した達也からだった!

安藤達也(あんどう・たつや)
演:高橋努

「主人公を追い詰めるサイコパス」

安藤達也は、圭輔の母方の親戚で幼い頃に両親をなくしており圭輔の家によく遊びに来ていた。

人当たりが良い達也。表向きは良い子といわれてきたが、裏では最悪の殺人犯だった。人を使って圭輔の友達を複数殺害したり、圭輔の母親に睡眠薬を飲ませ強姦したり。そのうえで父親諸共、火事によって殺害してしまった。

おとなになり、強盗殺人事件の容疑者として圭輔の目の前に現れる達也。しかし彼は本当に犯罪に関与していない様子…。

白石真琴(しらいし・まこと)

役:高梨臨

「熱意ある弁護士。圭輔を想う」

白石真琴は圭輔の婚約者で、白石法律事務所の娘。弁護士として一緒に働いている。とても誠実で仕事熱心だが、達也の出現によって彼女の人生も狂い始める。

諸田寿人(もろた・ひさと)

演:淵上泰史

達也の罪を暴こうとするジャーナリスト。中学時代、圭輔と友人であり、当時から達也の正体を熟知している。達也の本性を世間に晒そうと取材を続ける中、圭輔が弁護を引き受けたことを知り、17年ぶりの再会を果たす。

佃紗弓(つくだ・さゆみ)

演:柳英里紗

達也と道子の部屋を出入りしているフリーター。強盗殺人事件が起きた夜、達也と密会していたと証言する。じつは今も激しい憎悪の念が消えない、“悲しい過去”がある

田口優人(たぐち・まさと)

演:柳俊太郎

田口達也の舎弟的存在。達也や道子に言われるがままに、様々な悪事の片棒を担いでいる。

佃紗弓とは付き合っている(?)

安藤道子(あんどう・みちこ)

演:片岡礼子

達也の義母。金銭に目がない。男関係も派手。

夫の連れ子である達也を利用して親戚筋から金銭を巻き上げてきた根っからの悪党。

両親をなくした圭輔を引き取ったあとも、虐待を続けてきた。

密接な関係にある達也とぐるとなり、現在も様々な悪事に手を染めている。

茂手木一之(もてぎ・かずゆき)

演:堀部圭亮

東京地方検察庁の検察官。強盗殺人事件の容疑者として捕まった達也の公判を担当する、やり手の検察官。

達也の担当弁護士となった圭輔をジリジリと追い詰めていく。

吉田肇(よしだ・はじめ)

演:平田満

心療内科・よしだクリニックの医師。圭輔が心を許せる存在。

達也との過去の出来事が原因で重度の“強迫性障害”を患い苦しむ圭輔を静かに見守り続ける圭輔にとって父親のような存在。

白石慎次郎とは昔からの知り合い。

白石慎次郎(しらいし・しんじろう)

役:石橋凌

「白石法律事務所」の所長をつとめる。「被告人の希望を叶えること」こそが弁護士の正義だと考える人物。

圭輔の、弁護士としての腕を高く買っている一方、圭輔が時をエイ何を考えているのかわからず疑問を持つ。

「代償」監督・制作スタッフ

原作:伊岡瞬『代償』(角川文庫)
監督:後藤庸介、村上正典
プロデューサー:戸石紀子、後藤庸介、久松大地
脚本:いながききよたか、守口悠介、本田隆郎
音楽:末広健一郎
制作プロダクション:共同テレビジョン
制作著者:HJホールディングス

「代償」見どころポイント

見どころポイント①弁護士vsサイコパスの対決はどうなる!?

心の脆い弁護士・圭輔は、強迫性障害を患っている。その原因となった達也と再開し、弁護依頼を頼まれ一度は断るものの、自分をどん底に突き落とした圭輔を許せない。

どんな危険な目に会おうと、達也に立ち向かう姿が描かれている。その二人の対決はどうなるのか?また達也が圭輔に近づいた目的とは一体何なのか?

見どころポイント②初めて”心の弱い男”を演じる姿に注目!

小栗さんは今回、初めて”心を病んだ男性”の役をつとめます。いままで数々の役柄を演じてきた小栗さん、どのように”心の弱い”様子を演じるのでしょうか。注目していきましょう。

また1話でいきなりの衝撃的な内容になっていて大人のシーンも含んでいるので、男女問わず大人に人気が出そうなドラマです。

見どころポイント③人の”怖さ”が描かれている

ドラマ「代償」では、”人の怖さ”が描かれていると感じます。

何を考えているのかわからない達也のサイコパス感が凄く、その姿がとても”怖い”と感じます。精神的に追い込む術や、人を陥れる様、そして悪を弄ぶかのように次々と悪事を働く姿…。

もし現実に起きていたらと考えるだけで恐ろしいです。

後味は正直言うとあまり良くありませんが、観ていてどんどん引き込まれる、一度観始めたら止まらない内容のドラマです。

「代償」まとめ

動画配信サービスhuluでしか観ることができないオリジナル連続ドラマ「代償」。

huluだけでしか配信されていないオリジナル作品だからこそできる、大迫力の脚本となっています。同じ屋根の下で育った少年2人が【弁護士】と【犯罪者】として再びめぐりあう本作は、闇と闇が交錯する物語。

小栗旬さんが心に闇を抱える凄腕弁護士を熱演、怒涛の展開に衝撃のラストが待ち受ける本格派のサスペンスとなっています。

“心を病んだ役”に初挑戦という小栗さんの演技にも大注目です!

代償を観るならhuluで独占配信中です。1話から最終話まですべて見ることができますよ!他の動画配信サービスでは観れない、小栗修さん主演の「代償」。huluは今なら2週間無料トライアル実施中です!この機会に、気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus