「ライフ」あらすじ見どころまとめ!壮絶なイジメに立ち向かう女子高生を北乃きいが熱演!

ライフ メイン画像

ライフ」は、2007年にフジテレビ系列で放送されたイジメをテーマにしたハードな学園ヒューマン・ドラマです。
地上波テレビでは、これまでの学園ドラマのレベルを大幅に超える壮絶なイジメのシーンが描かれていることで、賛否両論になりました。

主演の椎葉歩役には、現在では数多くのドラマ・バラエティ番組に出演している北乃きいさんが初の連ドラ主演に抜擢されたことでも注目を集めた作品です。
この記事では、ドラマ「ライフ」のあらすじ&見どころポイントをまとめました。

ドラマ「ライフ」は、動画配信サービスのFODで第一話から最終話までノンカットで視聴できます。

ライフを配信しているサービス

「ライフ」あらすじ

「ライフ」あらすじ

成績の良くない主人公・椎葉歩は、頭の良い親友・夕子が目指す高校に一緒に入学するため、夕子から勉強を教えてもらいながら見事、難関高校に合格。ところが、一番行きたがっていた夕子は不合格。歩は夕子から「あなたなんていなければ良かったのに!」と言われてしまう。友情が崩壊してしまったことにより、歩は他人と話さなくなってしまう。高校でも新しい人間関係を築くことをあきらめていた。しかし、クラスメイトの安西愛海を中心とした数名は歩を迎えてくれたため、歩は再び前向きになる。そんなある日、歩が愛海の恋人である佐古克己を奪おうとしていると誤解されたことから、歩は愛海を中心とする女子数名に執拗にいじめられるようになっていく。助けを求めたくても、親は体の弱い弟に気を取られ、歩の言うことに耳を傾けてくれない。そして、担任に相談しても担任は職員室内で「いじめ」にあっており、彼女を守れる人間は誰もいなかった。
最初は弱かった歩だが、次第に仲間を見つけていじめに立ち向かい、「生きる」ために強く成長していく──。

出典:公式サイト

「ライフ」登場人物・主演・キャスト

ドラマ「ライフ」の主な登場人物は、イジメの標的に遭う椎葉歩と彼女をイジメるグループのリーダー安西愛海。
そして、イジメに遭っている歩を支える羽鳥未来の三人です。

椎葉 歩(北乃きい)

ライフ 椎葉 歩

出典:FOD

ドラマ「ライフ」の主人公。少し天然で空気が読めないところはあるが、優しくて思いやりのある性格。中学時代に成績優秀な親友とともにその地区の名門高校・西館高校を目指していたが、親友は合格できず、成績の悪かったはずの歩だけが合格してしまう。
高校進学後、しばらくは周囲に壁を作っていたが、並外れたお嬢様の愛海と親しくなる。
しかし、愛海の誤解によって、壮絶なイジメを受けてしまうことに。

安西 愛海(福田沙紀)

ライフ 安西 愛海

出典:FOD

父は県議会議員で会社社長の超お嬢様。華やかな雰囲気で美人なため、地元でも評判に。明るく社交的な性格の反面、極度に自己中心的で、気に入らない相手に陰湿な嫌がらせをすることも。
歩とは当初仲が良かったが、ある出来事をきっかけに集団で彼女をイジメるようになる。

羽鳥 未来(関めぐみ)

ライフ 羽鳥 未来

出典:FOD

歩と愛海のクラスメート。孤独を恐れない性格で、周囲から一歩引いた位置にいる。家庭の経済的事情から複数のアルバイトを掛け持ちして、学費を稼いでいるため、成績は優秀なものの学校への欠席・遅刻・早退が多い。
愛海たちによるイジメに歩が追いつめられた時、彼女に手を差し伸べてあげた。

「ライフ」監督・制作スタッフ

原作:すえのぶけいこ(漫画「ライフ」)

演出:谷村政樹(「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」など)

演出:加藤裕将(「最高の離婚」「プロポーズ大作戦」など)

脚本:根津理香(「絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜」など)

主題歌:中島美嘉「LIFE」

「ライフ」見どころポイント

見どころポイント① イジメの描写が壮絶すぎる!

ライフ 窓から見下すシーン

出典:FOD

見どころと言って良いのか分かりませんが、ドラマ「ライフ」でのイジメの描写は、壮絶というひとことです。
これまでの学園ドラマのレベルをはるかに上回る過酷なイジメのシーンが描かれています。

例えば、弁当や教科書をゴミ箱に捨てられたり、トイレの個室で上から水を掛けられたり、黒板に誹謗中傷を書かれたり。
実際のイジメでもこれほどまで酷いものは滅多にないかと思うような内容でした。
事実、放送直後30代以上の親世代から2,000件以上の苦情や批判が寄せられたほどです。

見どころポイント② イジメに遭いながらも強く生きる主人公に勇気づけられる!

ライフ 壮絶ないじめ

出典:FOD

親世代にとっては、「イジメを助長する内容」と映っていて、厳しく批判されたドラマ「ライフ」ですが、逆に当事者世代の高校生たちには、壮絶なイジメを受けながらも強く生き抜こうとする歩の姿に勇気をもらう人も多かったようです。
私も高校生の頃、リアルタイムでドラマ「ライフ」を見ていましたが、歩の力強く生きる姿に感動しました。

また、ドラマでは歩を一方的にイジメる側だった愛海にも変化が起こります。
ドラマを通じて、イジメは本当に良くない、みんなを不幸にすることなんだと強く思いました。

見どころポイント③ 当時16歳の北乃きいが可愛すぎる!

ライフ 北乃きいの会話シーン

出典:FOD

ドラマ「ライフ」に出演している当時、北乃きいさんは16歳高校2年生でした。
もちろん、いまも可愛いことは確かですが、16歳のきいさんは本当に初々しくて可愛すぎます。
「ライフ」では、壮絶なイジメを受ける女子高生を演じているので、笑顔のシーンはあまりないのですが、それでも時折見せる笑顔がすごく可愛いです。

「ライフ」まとめ

ドラマ「ライフ」は、2007年にフジテレビで放送された北乃きいさんが主演のハード系学園ドラマです。
壮絶なイジメのシーンが繰り返し放送されたため、30代以上の親世代やBPOからは批判の声が寄せられました。
その一方で、当事者世代の10代からはイジメに遭いながらも強く生きようとする主人公に勇気をもらえたという声もある作品です。

ドラマ「ライフ」は、現在動画配信サービスのFODで配信中です。
FODでは、「ライフ」のほかにも北乃きいさんが出演した「ハルフウェイ」や「スクール!!」などドラマ・映画が数多く視聴できるので、オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus